初めてのエステ体験!必要な持ち物や注意点ってあるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エステ以外でも、初めて体験することや場所は誰でも不安ですよね。今記事ではエステ初体験の方に参考になるような疑問をまとめてみました。

「生理中でも大丈夫なの?」「化粧は落としていった方がいいの?」そんなエステ前の不安を少しでも解消して楽しいエステ体験をしましょう。

生理中のエステについて

「生理中にエステに通う事は可能か」という点については、会社の規約と部位によって異なります。例えばフェイシャルエステなどは全く問題ないように感じますが、人によってはお肌が敏感になって吹き出物などが出やすい体質の方もいますので、あまり肌荒れが酷いようであれば延期する事も考えた方が良いです。

ほとんどの会社では「生理中のデリケートゾーンの脱毛処理はお断り」となっています。その理由は陰部が敏感になっているため、脱毛の光で刺激を与えるのはよくありませんし、感染症にかかる確率が増えます。しかもいつもに比べると脱毛時の痛みを感じやすいなどの理由から施術が出来ず、予約を取り直すような形になりますので、自分の体の周期についてきちんと理解したうえで予約をする事が大切です。

極端に不規則でない場合は、長く付き合っていると「1回に何日程度」というのはだいたい分かりますので、生理中に数日後の予約を取るようにすると「また来るのでは?」という心配が少なくなります。また痩身エステもお勧めできない施術の1つで、血行が良くなり過ぎると人によっては貧血が起きる可能性もあるので、自分にとっての「やせ期」を知っておくと、より良い効果が出る可能性はあります。

生理中でもエステに通えますか

生理中でもエステには通えるものなのでしょうか。まず脱毛に関しては生理の間は通えません、アンダーヘアの脱毛の場合はまず衛生的な問題があります。他の部位の場合でも生理の時はホルモンバランスの影響でお肌が敏感になりますので痛みが増すことが多いのです。

そして施術後不具合が出ることもあるのでエステはトラブルを避けるために断っています。他のフェイシャルや痩身の場合ですが、この場合でも施術で使う化粧品が生理中は敏感に反応してしまうこともあるので避けたほうがいいでしょう。またニオイなどにも敏感に反応してしまい気分が悪くなることもあります。

痩身エステなどをしている間はトイレにはいけませんので何度もナプキンを取り換えなければいけないほど量が多い場合はかなりつらくなるでしょう。ですので無理にきついときには行かなようにしてください。しかし生理でももう終わりかけでそれほど辛くない場合には通っても構いません。自分の体調次第になります。

生理が原因でも直前にキャンセルをするとキャンセル料金が取られてしまうこともありますが、自分の体を優先させてください。また定期的に生理が来る方は生理の時は避けて予約を取るようにしましょう。

エステではタオルの貸し出しをしてくれます

エステサロンではオイルマッサージや泥マッサージなどもします。あとでシャワーをして洗い流すことになりますが、タオルはエステサロンで貸し出してくれるために自分で持っていく必要はありません。また施術をする台にはタオルが敷かれていることもありますが、これは毎回お客様が変わるたびに取り換えていますので清潔に使えるのがいいところです。

しかもエステで使われているタオルのほとんどは肌触りに気を遣っています。ふんわりとした感触になるように柔軟剤を入れて洗っているのはもちろんのこと、ぺちゃんこになりにくい密な繊維のものを使っているのです。良く水を吸い取りますし心地よく使えます。

毎回洗濯をしていると大変な作業になるということでサロンによってはタオルの貸し出しサービスをアウトソーシングでしていることも多いのです。汚れたものは回収し、きれいに洗濯したものを届けてくれるために非常に便利なのです。心地よくエステを使えるのはこのようなアイテムがあるからです。

エステサロンがキチンとしているところなのかどうかを確かめるためにもこのようなアイテムに注目してみるといいでしょう。お客様のことを第一に考えているサロンならいつも清潔に保たれています。

エステを受ける時の服装とは

エステを受ける時には服装に決まりがあるのでしょうか。まず全身の施術を受ける場合には服装はあまり関係ありません。というのも施術をする時の専用のウェアに着替える事が多いからです。服は着替えるためにどのようなものでも構いません。それでは部分的なエステの施術をする場合には決まりがあるのでしょうか。

フェイシャルを受ける場合にはタートルネックなどの服は避けるといいでしょう。また脱毛の施術でアンダーヘアーなどの施術を受ける場合にはできるだけスカートを着用する事をおすすめします。ズボンでもいいのですが施術をするときには全て脱がなければいけないからです。

スカートの場合は脱がずに施術を受けられます。基本的にどちらでもいいのですが、恥ずかしい方はスカートにすることをおすすめします。そのエステサロンによって違いがありますの事前のカウンセリングの時にどのような服を着てくればいいのか聞いてみるといいでしょう。

最近ではメイクルームなども完備しており着替えのできる部屋も設置されているためにお出かけ前の服装でも気軽にエステに通えるようになっています。ウェアの貸し出しのある場合にはどのようなウェアなのかも確かめておくといいでしょう。

エステの施術の時に使うウェア

全身マッサージや痩身コースなどの施術の時には専用のウェアが必要になります。これはバスローブのようなものであったり、筒状でゴムのついているバスタオルのようなものの場合もあるのですが、大体はレンタルできますので自分で用意する必要はありません。ですのでエステに行く時には特に何かを持って行く必要はありません。

しかしモニターなどで無料でエステを受ける場合にはウェアだけは自分で購入しなければいけない場合もあります。大体5000円程度のものになるのですが、エステが終了した後も自宅で使えるのがいいところです。おしゃれなデザインのものもあるので楽しみながら施術を受けられます。

ちなみにウェアへの着替えは専用の更衣室や施術をする部屋でできます。施術をする部屋で着替える場合はエステティシャンがいない状態でできるので恥ずかしがりの人でも安心です。施術の時にウェアを使う理由ですが服のままですと汚れるためです。

タオル時のものであれば汚れなども吸収してくれるため清潔に施術を受けられます。脱毛をするときにも使う場合がありますが、不安な方は貸し出しがあるのかどうかを聞いてみるといいでしょう。カウンセリングをするときに聞いてください。

エステでは最初にクレンジングを

エステサロンでフェイシャルを受ける場合にはまずはクレンジングをします。これは単なるメイク落としではありません。毛穴の中に入っている汚れを徹底的に取り除くのが目的になります。普段女性ならお風呂に入る時にクレンジングをしていると思いますが、それも完全とは言い難いのです。

実は毛穴の汚れが完全に取れていない可能性もあります。この上にスキンケアをしたところでいい効果が出るわけではありません。ですので自宅でできない分をエステできれいに取り除くのです。余計なものが無くなりきれいになればその後の施術もスムーズにお肌に入っていきます。

毛穴を広げるための専用の機器なども使ってくれますので今までにない心地よさを体感できることでしょう。エステではほとんどクレンジングの施術が含まれていますが、無い場合でもクレンジングセットの一式は貸し出してくれるため自分で化粧を落とすことができます。

エステに行くときにはすっぴんで行った方がいいのかと迷う方もいるかと思いますがどちらでも構いません。ただ化粧を落とす時の手間を省くためにもできるだけ濃いポイントメイクは避けたほうがいいでしょう。エステティシャンの手のぬくもりも体感できるために心地よさや癒しも体感できます。

エステの時はコンタクトを外した方が安全です

目が悪くてコンタクトをしている人は多いですが、エステのフェイシャルを受ける時にコンタクトを外した方が良いのか迷う所です。目の周りの施術をする時に気をつけなければいけないのでエステティシャンの方からコンタクトの装着について聞かれる事もあります。

もちろん装着をしたままでもフェイシャルを受ける事は可能ですが、可能であれば外した方が安全です。目の周りは皮膚がとても薄く敏感です。ハンドマッサージや機械を使う時に注意をしていても万が一の事故が起こらないとも限りません。特にハードレンズの場合、目の中で割れてしまったという様な事になってしまうと大変な事です。

すぐに病院に行かなければなりませんし、目にトラブルを抱えてしまうかもしれません。その様な事が無い様にする為にもリスク回避の為に外しておいた方が良いでしょう。幸いにもフェイシャルの場合はメイクも落としてしまいますので、コンタクトも外しやすいですし、外す事によって目を休める事も出来ます。

万が一保存液など忘れてしまった場合でも最近ではコンビニに使い捨てタイプの保存液とケースが販売されていますのでそういった商品を利用するのも良いでしょう。痩身や脱毛の場合には特に外す必要は無いです。

タトゥーを入れているとエステには通えない

意外と知られていませんが、体にタトゥー(刺青)が入っているとエステで施術を受けることはできません。レーザー脱毛は、その部分にレーザーが反応してしまうので物理的に無理ですし、衛生面などのリスクが普通の人より高くなってしまうので、それを避けるために断っているという部分もあります。

しかし、近年はファッションで入れている人も多いので、小さい物なら肌色のテーピングをして隠しておけば、何も言われないことも多いようです。ただし、「比較的目立たない位置にあった」「たまたま見逃してくれた」などというケースもあるので、「小さい物なら絶対に大丈夫」とはいいきれません。

ですから、その辺は自己責任で行ってもらうしかありません。そして、広い範囲に入っている場合はほぼ確実に断られます。やはり、刺青を入れている人は「暴力団員」というイメージが付きまといますし、他のお客さんを不安にさせかねません。

「この人は、ファッションで入れているからOK」という主観的な基準だと、なおさらトラブルの元となります。それ以外にも、CMで起用しているタレントや店舗のイメージを損なうおそれもあるので、たいていのエステではホームページで「施術お断り」と記載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加